適職診断アンケートデータ

今年の2月ころから適職診断VCAPのサイト上でアンケートを行っていました。

診断結果のみのデータが50万人以上、アンケートを含めたデータが20万人ほどです。

アンケートの内容は兄弟構成や仕事に対する満足度、年収等です。診断結果がそれらの内容とどのような相関があるかを知るためにアンケートをとりました。

統計的に意味のある相関がとれた場合は診断結果に
「**の項目を高めると仕事の満足が高くなります」

「**の項目を高めると年収があがる可能性があります」というよりは「あなたより**の項目が**ほど高めの人は**万円ほど年収が高い傾向が認められています」という表現になるのでしょうか。ここは関数?いや回帰分析とかか??

このようにアンケート結果を分析することで、診断結果の内容をより厚くすることが本来の狙いです。

兄弟構成別の診断結果の傾向や、年収の傾向なども面白いかもしれません。これはざっくり計算ではありますが、かなり意外な結果がでています。

だた、年齢や性別、またテスト時間帯などあらゆるバイアスを取り除かないと正確なデータにはならないので分析は結構大変そうです、、、。

データに興味がある方は弊社Webサイトお問い合わせフォームよりお問い合わせください。入力項目は適当でかまいません。

Comments are closed.