Think different.

私感ですが、ここのとことApple社の製品に魅力を感じなくなってきました。

初代iPhone以来、いわゆるバリエーション展開に終始し、あまり目新しいものがないように思います。延長戦上から脱していません。ジョブズがいなくなったことはやはり大きいのでしょうか。最近はMicrosoft社の方が魅力的な感じがします。

さて、AppleはIBMの”THINK”に対抗してなのか、”Think different.”というスローガンを掲げていました。当時としてはAT互換機とは違う選択もあるよ?という意味合いだったのでしょうか。

Apple最近元気ないな~と思っていたときにこの”Think different.”を思い出し、これは具体的に考えると例えばどういったことだろうと、最近のITの流行り?を例に考えてみました。

例えば、AI
最近の話題としてはGoogleの囲碁AIがプロに勝ちましたね。ここで”THINK”すると、この先、どういった、、、と考え2045年問題に繋がるのかなと想像できます。そして、”Think different.”すると。待てよ、すでに人類は負けていないか?と考えられるかもしれません。「トップ対決した場合」→「最近いい勝負になってきた」となりますが、これは人が勝手に決めたルールです。ルールを変えて「能力の平均で対決した場合」→「コンピュータの圧勝」となります。人が成長するには時間もコストもかかります。また成長に時間とコストをかけたところで、将棋の羽生さんを何人も作ることは今のところできません。しかし、コンピュータは誤解を恐れずにいうと簡単に「コピペ」ができます。生物として考えると種馬も真っ青の生殖能力です。こう考えると「すでに負けている」というのも一つの考え方かなと思います。もう少しすると勝負することすらばからしいことになるかもしれませんね。

また例えば、ITセキュリティ
ITセキュリティの業界を俯瞰すると、「守りに終始」しています。こういったウイルスがでました→対策のパッチあてます。の繰り返しです。根本解決しそうになく、また邪推すると解決する気もないように思えてもきます。”THINK”した結果は、、、セキュリティにAIを使ったり、またアメリカではやられているような想定される攻撃から予め対策を打つということでしょうか。しかし、これも「守りに終始」の域を脱していません。”Think different.”すると。「攻撃」しましょう、から始めるのも面白いかもしれません。ウイルス作成ソフトにウイルス仕込むなど。愉快犯は影を潜めるかもしれませんね。また経済学やゲーム理論の考えを用いた解決策もいいかもしれません。社会の状態を「やったら得をする」という状態から「やったら損をする」という状態に変えるという利得の観点を出発点として対策を考えるのです。これはウイルスが発見されました→対策パッチあてます。という考え方と根本的に違うのはおわかりでしょう。

また例えば、自動運転
個人的には一番興味深い分野です。早速”THINK”すると、タクシー運転手とか運送トラックの運転手の仕事なくなるな、というのは”THINK”でも安易すぎでしょうか。。。せめて駐車場は不要に?や、自動タクシーは定期券のような月額制のサービスが出てきたりとかですかね。”Think different.”すると不動産の意味・価値が変わるかもしれない。渋滞が緩和されるかもしれないし、逆に酷くなるかもしれない。また、キャンピングカー+自動運転で不動産不要に?といった感じかもしれません。これはまだまだ延長線上の思考ですね。。。いずれにせよこの分野は大きく社会の様相が変わるような気がしています。

また例えば、バーチャルマネー
この分野も非常に面白いと思っています。ビットコインの運用の不祥事で訝しい目で見られていますが、とても残念に感じています。バーチャルマネーがコケてほしいのはどこ?と考えると面白いと思います。またひと昔前に話題となった円天と何が違うんだ?という声も聞こえてきますが、これは全く本質を理解していません。バーチャルマネーの本質は別のところにあります。通貨の本質は、発行主体、保証はどこにあるのかという点だと思います。ビットコインの発行主体はアルゴリズムです。良し悪しは別として、ここには国家主導の民主主義の先のイデオロギーを感じています。少し左っぽい発言にも聞こえますが、左利きではあります(酒飲みではなくリアルな方の)が決して左でも右でも、また真ん中でもありません。このようにまずはちゃんと”THINK”し、そして、”Think different.”するといいのではないでしょうか。

こうして色々と考えていると、”THINK”は王道の戦略観で”Think different.”は詭道の戦略観という印象をうけますね。

そんなこと考えながら、iPhoneを弄りつつ、Surface Phone出ないかなぁと期待しています。

Comments are closed.