ボタンの数と言語・文字

iPhoneのボタンの数は1桁です。アマゾンプライムビデオ?のコントローラのボタンの数も少ないです。各ボタンは抽象化され、その時の状態によって具体的な動作が決定されます。ポリモーフィズムですね。

日本製のテレビのリモコンのボタンの数は、ざっと40くらいあります。各ボタンは具体的に役割、機能が割り振られています。

まず言語に関して全くの門外漢ではあります、という断り入れておきますが、所感を。
ここにはアルファベットを使っている民族と、漢字を使っている民族の違いを感じます。アルファベットはそれ単体では意味を成しません。組み合わせで意味を持たせています。漢字はそれ単体で具体的な意味を持ちます。ここにプロダクト(コントローラ)制作時に思考の違いが表れているように感じます。良し悪しではなく、物事をどう捉え、どのように考えるかという思考(指向?)の特性でしょう。この抽象化指向はコンピュータと親和性が高いと思います。オブジェクト指向プログラミングを考案したのもうなづけます。というかコンピュータの世界は全部アメリカですね。。。。

さて日本→漢字と少しごまかしていましたが、日本元来のひらがな(正確には漢字の草書体由来)の50音を考えると抽象の組み合わせでもなく、具象の記号化でもなく、五十音というだけあって「音」を基準に作られているように思えます。どちらかというと抽象化されたアルファベットに近いのでしょうか。と思って調べてみたら分類としたらどちらも「表音文字」というものらしいです(さらに細かく分類される)。なるほど、思いて学ばざればすなわち暗し、ですね。

表音文字:
→音素文字:アルファベット
→音節文字:ひらがな
表語文字:漢字

といった分類のようです。なるほど、ひらがなは、原子(素粒子?)までは分割してないが、分子くらいまでは分割したというイメージでしょうか。

再度断っておきますが、良し悪しではないです。漢字は漢字で数万とも数十万あるともいわれ想像を絶する凄さがあったり、書道のように形としての美しさ(欧米人が入れ墨にしたり)があったり、直接的な理解のしやすさがあったり利点も多くありますしね。

抽象的な概念は捉えにくく、また抽象的な思考というのは向き不向きが如実に表れるように思います。そして漢字をひらがなにして使用していた日本人、抽象的思考は決して苦手ではないのではないでしょうか。

ここまでぼんやりとごっちゃに使ってきましたが、言語、語、文字は別の概念ですね。私が言っていたのは文字ですね。

とりとめもなくなってきましたが、何が言いたいかというと、言語や文字というものは人の思考に深く関わり、「プロダクトに色濃く影響する」のかもしれず、であるとしたら、日本人にも抽象的な指向なプロダクトは作れるはずだ、ということです。

という凄く抽象的なお話でした。

Read Users' Comments (0)

Think different.

私感ですが、ここのとことApple社の製品に魅力を感じなくなってきました。

初代iPhone以来、いわゆるバリエーション展開に終始し、あまり目新しいものがないように思います。延長戦上から脱していません。ジョブズがいなくなったことはやはり大きいのでしょうか。最近はMicrosoft社の方が魅力的な感じがします。

さて、AppleはIBMの”THINK”に対抗してなのか、”Think different.”というスローガンを掲げていました。当時としてはAT互換機とは違う選択もあるよ?という意味合いだったのでしょうか。

Apple最近元気ないな~と思っていたときにこの”Think different.”を思い出し、これは具体的に考えると例えばどういったことだろうと、最近のITの流行り?を例に考えてみました。

例えば、AI
最近の話題としてはGoogleの囲碁AIがプロに勝ちましたね。ここで”THINK”すると、この先、どういった、、、と考え2045年問題に繋がるのかなと想像できます。そして、”Think different.”すると。待てよ、すでに人類は負けていないか?と考えられるかもしれません。「トップ対決した場合」→「最近いい勝負になってきた」となりますが、これは人が勝手に決めたルールです。ルールを変えて「能力の平均で対決した場合」→「コンピュータの圧勝」となります。人が成長するには時間もコストもかかります。また成長に時間とコストをかけたところで、将棋の羽生さんを何人も作ることは今のところできません。しかし、コンピュータは誤解を恐れずにいうと簡単に「コピペ」ができます。生物として考えると種馬も真っ青の生殖能力です。こう考えると「すでに負けている」というのも一つの考え方かなと思います。もう少しすると勝負することすらばからしいことになるかもしれませんね。

また例えば、ITセキュリティ
ITセキュリティの業界を俯瞰すると、「守りに終始」しています。こういったウイルスがでました→対策のパッチあてます。の繰り返しです。根本解決しそうになく、また邪推すると解決する気もないように思えてもきます。”THINK”した結果は、、、セキュリティにAIを使ったり、またアメリカではやられているような想定される攻撃から予め対策を打つということでしょうか。しかし、これも「守りに終始」の域を脱していません。”Think different.”すると。「攻撃」しましょう、から始めるのも面白いかもしれません。ウイルス作成ソフトにウイルス仕込むなど。愉快犯は影を潜めるかもしれませんね。また経済学やゲーム理論の考えを用いた解決策もいいかもしれません。社会の状態を「やったら得をする」という状態から「やったら損をする」という状態に変えるという利得の観点を出発点として対策を考えるのです。これはウイルスが発見されました→対策パッチあてます。という考え方と根本的に違うのはおわかりでしょう。

また例えば、自動運転
個人的には一番興味深い分野です。早速”THINK”すると、タクシー運転手とか運送トラックの運転手の仕事なくなるな、というのは”THINK”でも安易すぎでしょうか。。。せめて駐車場は不要に?や、自動タクシーは定期券のような月額制のサービスが出てきたりとかですかね。”Think different.”すると不動産の意味・価値が変わるかもしれない。渋滞が緩和されるかもしれないし、逆に酷くなるかもしれない。また、キャンピングカー+自動運転で不動産不要に?といった感じかもしれません。これはまだまだ延長線上の思考ですね。。。いずれにせよこの分野は大きく社会の様相が変わるような気がしています。

また例えば、バーチャルマネー
この分野も非常に面白いと思っています。ビットコインの運用の不祥事で訝しい目で見られていますが、とても残念に感じています。バーチャルマネーがコケてほしいのはどこ?と考えると面白いと思います。またひと昔前に話題となった円天と何が違うんだ?という声も聞こえてきますが、これは全く本質を理解していません。バーチャルマネーの本質は別のところにあります。通貨の本質は、発行主体、保証はどこにあるのかという点だと思います。ビットコインの発行主体はアルゴリズムです。良し悪しは別として、ここには国家主導の民主主義の先のイデオロギーを感じています。少し左っぽい発言にも聞こえますが、左利きではあります(酒飲みではなくリアルな方の)が決して左でも右でも、また真ん中でもありません。このようにまずはちゃんと”THINK”し、そして、”Think different.”するといいのではないでしょうか。

こうして色々と考えていると、”THINK”は王道の戦略観で”Think different.”は詭道の戦略観という印象をうけますね。

そんなこと考えながら、iPhoneを弄りつつ、Surface Phone出ないかなぁと期待しています。

Read Users' Comments (0)

学校できた

お手伝いしていたプロジェクト。

カンボジアに学校ができました。


よかった。

Read Users' Comments (0)

七夕のパラドクス

7/7、七夕だったので、、、と書いて思ったが、「七夕」で「タナバタ」ってすこい読み方だなぁ。

で、七夕だったので、ビルの1階に短冊と笹があった。で折角なので願い事を、、、と思ったのだが、

何も思い浮かばなかった。

なので、

「願い事が出来ますように」

と書いてみた。

さて、この願いは願った時点で叶ったのだろうか?

とか考えてたら、再帰呼出しみたいだなぁと。

Read Users' Comments (0)

責任について

先日、天気が良かったため近所をフラフラと散歩していました。

そして公園があったのでなんとなく入り、なんとなくベンチに座り、なんとなくぼーっとしていました。

うとうとしてきたのでそのまま目を閉じて眠りそうだったのですが、近くで子どもたちの声が聞こえてきました。

どうやら近所の保育園の園児が遊びに来たようです。まぁ特に気にもとめずにそのままうとうととしていました。

少しすると子供の一人が私にちょっかいを出してきました。その後一人二人と序々に私の周りに子供が集まってきていました。

で、なんとなく子どもたちを相手にしてワーワーと楽しく遊んでいました。

すると、近くにいた保育士さんが「やすんでいるんだから邪魔しちゃだめよ!」と子供たちに注意してきました。

私にも「すみません〜」と。私は「いえいえ大丈夫です」と。

子どもたちもはじめはお構いなしにちょっかい出してきていましたが、何度も注意されるうちに序々に退散していきました。

バイバーイと。

このとき思ったのですが、

私と子供達の2者間にはなんの問題もない楽しい(楽しめる)関係だったが、「責任者」が介在するとつまらなくなる。

ということです。

保育士さんには責任があります。もしかしたら私が変質者かも知れません。また、私が保育園にクレームをいれるかもしれません。
その(少なくとも)2つのリスクがあり、立場上、放っておくわけには行かないのです。

こういったことって色々なところにあるんだろうなぁと思いました。

例えば、テレビがつまらなくなっているのもリスク回避の「自主規制」がありますが、構造はこれも同じですね。

視聴者は面白いものが見たい、演者は面白いものを提供したい。そしてテレビ局は(スポンサーの目があるので)クレームが怖い。

全く同じです。

世の中のいわゆる「規制」と言われるものはこの構造とニアなのでしょうね。

Read Users' Comments (0)

宮古島旅行記

これから新人研修講師の仕事で忙しくなるのでその前にちょっと休暇を頂きまして、宮古島にいってきました。

色々な出会いがありなかなか楽しい旅行となりました。

まず入った喫茶店で隣の席の人と仲良くなり、、、、、

その方に紹介してもらったお店で買い物したり、、、、

教えていただいたビーチで、居合わせた人と仲良くなり、、、、

その人に夕飯をご馳走してもらい(居酒屋とクラブをハシゴ)、、、、

等と、わらしべ長者的にフラフラとしていたらあっという間に帰る時間。

旅はやはり偶然の出会いが楽しいなと改めて感じました。

さぁ、来週からがっつりお仕事です!

Read Users' Comments (0)

適職診断VCAPのスマホ対応

先日、適職診断VCAPを急遽スマホ対応し、テストも疎かにアップしました。

Google様が「スマホ対応してないとスマホでの検索順位落とすよ?」と脅してきたからです。失礼、通告、、、いやお知らせがきたからです。

4/21から仕様変更らしいのですが、他業務との兼ね合い的に即座に対応するしかありませんでした。

ので、つい先日スマホ対応版をアップしたのです。

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、スマホでググると、スマホ対応しているサイトは「スマホ対応」と検索結果に表示されます。

うちもまぁそのうち表示されるだろうと思っていたのですが、アップ後一日も立たずに「スマホ対応」表示されました。

さすが、神様仏様ぐーぐる様、こんなに早く表示されるとは、、、驚きを通り越して少し怖くなりました。

と、いうわけで、弊社の適職診断VCAP、スマホ対応いたしましたので、報告させていただきます。

適職診断VCAP http://vcap.vone.co.jp

スマホで使いやすくなってリニューアルです。
技術的に新しい点はHTML5化したことと、グラフ(エゴグラムと平均データグラフ)をJavaScript化して少しクールにした点がです。サイズも可変で見やすいかと思います。
診断内容はほとんど変更ありませんが、近似・類似タイプの表示はなくなりました(気が向いたら追加します)。

今回はとりあえずの急遽アップなので、これから少しずつ改善していきます。
またコンテンツ量は必要最小限に落としてますので、より詳細が見たいときはPCかタブレットでご覧ください。

Read Users' Comments (0)

能楽鑑賞

先日、私にしてはかなり珍しく、少し厳かな?空気を味わいました。

そこでふと思い出したのが能楽です。

正月に知り合いの能楽師に誘われて初めて能楽を鑑賞してきました。

まず最初に思ったのは

「歩くのおっそ!!」

です。

袖の方から出てきて、一歩、また一歩、、、、んーーー、、んーーー、、ま、まだそこ?!いとおかし。

というくらいの遅さです。

しかし少しするとその空気感にも慣れてきました。

もう少しすると、なんだか心地よくなってきました。

何をしているのかも、よくわからないけど、なんだか、凄いな。

という印象になりました。

無駄な動作が極限まで削ぎ落とされて、所作が高度に洗練されている。

のかな?

何を演じているのかさえよく分からないけど、なんとなく納得して帰りました。

伝統芸能ってこういうものかと。

Read Users' Comments (0)

拝啓 Facebook様

大変申し上げにくいのですが、

その方々は私の知り合いではございません。

敬具

Read Users' Comments (0)

怒るという事

先日、ジムで異常にイラついている二十台半ば位の女性がいました。
もう、滑稽なくらいに。

ジムのマシンは数に限りがありますので、利用者は譲り合って使っています。

私の行っているジム、常連の方たちは非常に気持ちのいい方たちばかりで、

「マシンを待っているときも待っていると気がつかせない」

ように気を使っています。

これは集中してトレーニングしている時に「待っている人がいる」と意識させ気が散らないようにさせるという暗黙の心遣いです。

こういった心遣いはお互いとても気持ちのいいもので、すみません、ありがとうございます、いえいえこちらこそ、といった感じでマシンを使っています。

ところがやはりどこにもいるのですね、あまりそういった心遣いをしない人が。

あからさまに「私待ってますアピール」をする人がいるのです。

これは特別いけないことではありませんが、決して気持ちのいいことではありません。

ただ、この待ってるアピールまでは、まぁ仕方ないかなと思っていました。

まぁ待ってるアピールして少し急かすくらいは仕方ないかなと。

ところが先日、、、、、

私待ってますアピールを超えて、私イラついてますアピールをあからさまにしている人がいました。

足をパタパタさせ腕を組んで、指をトントンして、いかにも不機嫌そうな表情です。

わかりますかね?この仕草。コントでイラつく人を表現するときの仕草そのものを現実にやってました。

初見では、え?!と思いましたが、あからさま過ぎて次の瞬間には笑いがこみ上げてきました、、、。

本人は早くマシンを使いたかったのでしょうが、、、、周囲の他人から見ると、滑稽でしかない。
ちなみにマシンはチェストプレスで使っていたのはマッチョな白人で思いっきり無視していました。
彼は斜め上を見て音にならない口笛を吹いてました
その女性に、恥ずかしいからやめてくれと言いたかったぁ、、、

人のふり見てだなぁと。

何かの本で読んだのですが、怒るという感情は甘えの裏返しらしいです。
怒ることで相手を自分の思い通りにしようという甘えです。
おもちゃ売り場で駄々をこねる子供と同じ心理らしいのです。
また相手に期待して、その期待通りにならない(期待通りにしたいという甘え)と怒りの感情が生まれるとか。
確かに何も期待していない人には怒る事はないですね。

などと考えているとイラっとしたときも自分の感情をコントロールしやすくなるかなと思います。

Read Users' Comments (0)